教え子の頃に読んだ超高名雑誌の種目は想像以上に凄い人並み有様だった

僕は40勘定ミドルの女子です。

30勘定のミドルに親子に伴いアメリカの東海岸に住んでいました。住み始めてからやっと家族で旅行したのがカナダ・モントリオールやケベックなどのカナダです。その中で一際印象深かったのはプリンスエドワード島です。プリンスエドワード島というと「赤毛のアン」で有名で私も原作の気違いでしたので,楽しみにしていました。

アメリカ大陸に渡るのは何とかでアメリカ大陸の広さというものをまだまだ理解していませんでした。
ケベック・シティから夜行電車にのぼり,朝には到着すると思いましたが「赤毛のアン」の村のキャンベル村に着いたのはざっと夕刻でした。夏季なのでトリップ時期でしたが,ツーリストが意外にも早くゆっくりとウォーキング出来ました。グリーンゲイブルズ、女房の小道や怪物の森、きらめく湖水など読み物に起きる所は自分の中では甚だありがたく思いながら散策しました。それでもミッドサマーも凄い寒かったのを覚えています。私たちは島の街路ですシャーユニット・タウンではなく僕たちでアレンジした周遊だったので,キャンベル村のちっちゃなモーテルに2泊しました。じっくり「赤毛のアン」の常識を堪能しました。全速力の周遊ではないのでキャンベル村だけでなく,プリンスエドワード島の事情も食らうことが出来ました。

プリンスエドワード島にたどり着くまでに長いコースを経たのもあり,縮図上ではわかってはいたもののプリンスエドワード島は北の最果てにあって,自分が想像していたよりも常識が豊富だけれども著しい常識事情でもあると思いました。その恐ろしい自然の中で色々な場所に楽しくなるような名称をつけて,発想豊かな「アン」というヒロインを軸にお喋りが躍動行なう。今も僕や皆の心に残っています。現に訪れてみて筆者のルーシー・モード・モンゴメリもそれを翻訳した村岡花子くんは豊かな意識を有する輩だと再び思いました。資料集などを見ているとモンゴメリくん自身の連想は私の中では「マニラ」もののものを感じました。chicago-express.jp