不安だったアウトドアがメインのトラベル・・普通がぼくを変えてくれた

とっくにオーストラリアにツアーへ行ったときの話です。
仕事場のベテランが異国ツアーが大好きで、あんなベテランからの誘導で行ってきました。
ベテランは異国ツアーにさんざっぱら慣れていて、飛行機の依頼・宿屋の依頼・・集大成やってくれました。
オーストラリアに関しての理解は(コアラがいる・・)くらいでしたが、初めてのポイントなのでわくわくしていました。
オーストラアリといえば、シドニー・メルボルン・・それでもベテランから聞かされた居場所はケアンズ・・??ようやく訊く肩書きです。
本当はベテラン、アウトドアが得意でスキューバのライセンスも持っています。
そのスキューバを楽しみたいのでケアンズを選んだそうですが・・・ボクはやったことないし・・不安しかないです。
しかも、ケアンズに8日間ステイというから怪奇でした。
ベテランのスキームは、毎日瞳はケアンズ市内の旅立ち・2お天道様瞳はグレートバリアリーフでスキューバ・3お天道様瞳は山野で乗馬・4お天道様瞳は川でラフティング
5お天道様瞳は市内で宅配・6お天道様瞳は海でパラセーリング・7お天道様瞳はクルージングで島巡り・8お天道様瞳は帰宅・・断じてアウトドアという。
ボクはどちらかというとインドア派で海とか山野とか下手でした。
到着する前からメランコリーでしたが、ベテランに気づかれないみたいニコニコしていました。

ケアンズにゴール。宿屋に積み荷を置いてすっと旅立ち!!街路の人達は全部季節で声をかけてもらえる。
街路自体も一年中で友人きってしまうくらいで、喜ばしい意味でこじんまりとしています。
そうして、2瞳お天道様のグレートバリアリーフへ・・ボクはスキューバのライセンスがない結果シュノーケルにしました。
船にのりいよいよグレートバリアリーフへ・・
素晴らしいです!!海が透きとおっています。海をのぞきこむとサンゴや魚が見える。
大自然に囲まれ、青い海に僕をまかせ不安だったバイタリティが丸ごとなくなりました。
帰国するまでの7日間、必ず素敵な事実ができました。
次に出向く機会があれば、意図を詰め込まずのほほん悠然としてもいいかな?と思います。http://messo.jpn.org/